独自の保証を行う会社も

独自の保証プランをもっているところも

保証10年といっても、実際の太陽光発電は10年以上稼動します。そこで、施行業者は独自のプランを用意したりします。

ソーラーリフォームでは引渡し日より最大20年施行保証をしています。工事をしている最中の物的人的損害や、製品で物的人的損害があった場合などに適用されます。

例えば・・・「工事中に太陽光発電パネルを落として、下にあった購入者の車を壊してしまった」とか、「据付工事のミスが原因で、パネルが屋根から落ち、人に怪我をさせてしまった」などです。雨漏り以外でも、もしかして有り得るかもしれないことですね。

ただし、施工会社が独自で行う保証の場合には注意が必要で、その施工会社が倒産してしまった場合には、その保証も同時に無くなってしまいます。どんなに立派な保証が付いていたとしても、経営状態の悪い会社にあたってしまうと、その会社が倒産したら保証は無くなります。