メーカー保証は?

長期で使う太陽光発電システムだけどメーカー保証は?

 

太陽光発電システムは10年~30年稼動します。その間、1~2年で発電効率が落ちてしまったり、修理費用が掛かったのではたまりません。製品として長期間使えるという保証が最低でも10年は欲しいところです。この製品として保証するというのが「メーカー保証」ということになります。工事保証とはおよそのメーカーは別にしています。

 

普通の家電製品とちょっと違う保証

普通の家電製品を買うと1年間保証が黙っていてもついてきます。太陽光発電システムも同じと思っていると、10年間の保証が得られない・・という事態になるので注意です。

メーカー保証を受けるのは、太陽光発電モジュール(パネル)・パワーコンディショナー・架台などの周辺機器が対象になります。ただし、モニター等で1年保証というものが含まれているので注意が必要です。

この10年ないしは20年保証ですが、購入時に明示しないと保証が得られません。京セラとサンテックパワーのみが購入すると定期点検を条件についてきます。

「購入したのだから保証するのがあたりまえじゃないか」

と思われますが、ただ単に製品にのみ原因がある場合ではなく、工事が原因で破損するなどがありますから、メーカーIDを持った施行業者で工事しているか確認しないと保証はできないという主旨ではないかと思われます。

 

各メーカー保証の特色

製品が進歩し安定化するにしたかって、各メーカー保証も充実してきています。

京セラは10年保証をいち早く導入しましたが、申込が要らず、一年目の点検は無償で行っています。災害補償が充実していて無償10年保証で、設置時と同等のシステムを保証しています。

災害補償では京セラが充実のプランですが、ソーラーフロンティアも災害補償制度を無償でつけています。ただしこちらは10年間で自然災害によって機器損害の場合200万上限で修理費を保証するものです。また、火災・台風・水害等はお見舞金という形で支払われます。

特色のあるところでは、サンテックパワーのモジュール25年保証でしょう。他が10年保証のところ、破格の保証年数です。設置後12年までは「公称最大出力」の90%、25年までは「公称最大出力」の80%の出力を保証します。モジュールに不具合が発生し、発電量がサンテックパワーの規定値未満の場合、モジュールの交換になります。長い付合いになる太陽光発電の中で心強い保証になります。