国の補助金と1kwあたりのシステム単価

応募期間2012年4月19日~2013年3月29日の補助金、は1kw当たりの補助金単価が二段階設定になっています。

まず、1kwあたりの補助対象経費(税別)の計算が必要です。『補助対象経費(税別)÷設置する太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値』で計算されます。ただし、10kw以上設置の場合でも9.99kwで計算します。これは、上限が設定されているからです。例として、太陽光発電の公称最大出力が10.12kw、パワーコンディショナーが8kwの場合、35,000÷9.99kw=349,650円です。

補助対象費経費には、太陽電池モジュール・架台・パワーコンディショナー・接続箱等・設置工事費用があたります。

 

1kwあたりのシステム単価と補助金

1kwあたりの補助対象経費(税別)が3.5万円を超え47.5万円以下の場合は、1kwあたりの補助金単価は3.5万円。47.5万円を超えて55.0万円以下の場合は、1kwあたりの補助金単価は3.0万円です。

補助金35,000円のほうがお得に見えますが、補助金30,000円のほうは設備を安く買えているのでどちらもそれほど変わりません。国としては、システムの単価が下がっていくことへの対応をしたということで2段階が取られているのです。

 

補助金の注意点

補助金の注意点は「1kwあたりのシステム単価は○万円以下」というところです。国は補助金をこれより上の単価の場合は出さないということです。同時に販売業者に「この金額以下で売るように」と指導していることになります。

その年度の補助金制度を調べて、それに沿った販売をしている業者を探すことも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>