都道府県・市町村の補助金制度

都道府県や市町村からの太陽光発電システムの補助金制度

太陽光発電システムの補助金では国の補助金制度が有名です。年度によってkwあたりについて金額が変わるものの、日本全国同じです。

この他に都道府県や市町村からの補助金制度があります。そちらは各々で制定されているので、各役場などに問い合わせが必要です。大概の地方自治体はHPを持ち、そこに補助金制度についての説明がなされていたり、必要書類のダウンロードなどを設けていますので、わざわざ足を運ぶより前に覗いてみるのと良いでしょう。

この地方自治体の補助金制度の難点は、先着順が多いということです。スーパーの特売でもあるまいし・・と思いますが、予算が限られている以上仕方の無いことかもしれません。

 

例えば東京都の太陽光発電補助金制度

東京都は、太陽光発電を各家庭に導入し自立型・分散型エネルギーとして確保しようという目的で補助金を始めました。東日本大震災以降電力不足が言われていますが、防災機能の強化という点でも勧められています。

東京都の住宅用太陽光発電システム補助金は、単価100,000円/kwです。一見東京都よく出してくれるなぁ!と驚いてしまいますが、実は100万円という上限があります。国・市区町村の補助金も申請する人は、補助対象経費から対象システムに対して国等の補助金を引いた額、もしくは上限設定の100万円のどちらか小さい額になります。

 

更に例えば-東京都中央区に住んでいる場合の補助金は?

国からの補助金が35,000円。東京都からの補助金が100,000円。そして中央区にもし住んでいたら、中央区からの補助金は1kwあたり100,000円となっています。中央区の補助金にも上限があって35万です。

年々下がってきている国の補助金だけでは心もとない感じがしましたが、都道府県市区町村の補助金を含めると、高嶺の花であった太陽光発電も身近なものに感じてきますね。

 

申請場所の違い

国への申請は『太陽光発電協会(J-PEC)』になり、東京都への申請は『東京都地球温暖化防止活動推進センター』、中央区への申請は中央区の『環境政策課温暖化対策推進係』になります。申請宛が違いますし、申請のスタート点も違うので要注意です。

ちょっと申請が面倒なように思えますが、高価な太陽光発電システムをなるべく安く手に入れるには頑張りどころでしょう。