補助金制度の調べ方と利用

太陽光発電補助金制度の調べ方と利用方法

 

三本立ての補助金制度を調べる

太陽光発電補助金制度は、三本立てになります。国・都道府県・市区町村で制度があり、それぞれに規定があります。つまり「補助金を申し込もう!」と思っても、3通り調べて申請することになります。

 

国の補助金利用方法

国の補助金の利用方法は太陽光発電システムの設置工事をする前に、太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)への申請することになります。

ここで注意することは、申請書類は新築・既築・建売で用意するものが変わってくるということです。

用意するものでは共通として、J―PECのホームページから用紙をダウンロードして、補助金申込書(要実印)・手続きチェックシートを記入します。

個人で用意するものは対象システムの工事請負契約書(原則としてお客様控え・建売の場合は太陽光発電システム付建売住宅売買契約書)のコピー・印鑑証明書(原本)です。

他に個人で用意するものは、1系統内にパワーコンディショナーを複数台設置する場合、設置する建物全体の単線結線図またはシステム系統図のコピーが必要になります。

賃貸の場合は賃貸契約書のコピーが必要になったりもするので、自分の状況に合った書類を用意しましょう。詳しい補助金の調べ方は、J-PECのホームページに記載されています。

手続きが終わり「補助金申し込み受理決定通知書」が届いたらいよいよ着工です。

 

都道府県市区町村の補助金の利用方法(東京都の場合)

都道府県市区町村では各々利用方法が変わってくるので問い合わせが必要です。

東京都の場合ですが、国の補助金制度が施工前というのと違い、太陽光発電設備が完了し、電力受給契約が完了してからの申請になります。

必要書類は、補助金交付申請書(実印)・電力受給契約書(コピー)・対象システムの単線結線図・総発電電力量計の写真と設置場所見取り図・出力対比表・工事請負契約書(コピー)領収書(コピー)です。やはり、戸建か集合住宅かなどで提出物が違うので自分に合った書類を用意しましょう。

 

補助金制度の利用注意点

 太陽光発電を導入する時には必ず補助金がもらえる・・・というわけではありません。実はこの制度、国の予算によるものなので、予算分が尽きてしまうと終了なのです。太陽光発電システムは以前より導入する人が多くなってきましたから、2013年3月の申し込み締め切り以前に締め切られてしまう可能性もあるということです。

では都道府県市区町村ではどうなのか。これも申請すれば必ずもらえるというわけではありません。予算も限られてはいますが、こちらは先着何件という形での補助になっています。

もっと待てば太陽光発電システムが安くなって購入しやすくなるから・・と思っていると、補助金制度が終了されてしまったということもありえるのです。