見積チェック・見積書の見方

太陽光発電システムの見積もりチェック、見積もりの見方・取り方

 

太陽光発電の提案と見積もりの取り方

太陽光発電システムを導入するために、まずは業者と打ち合せです。現状の調査や導入側の「こんな風に使いたい」などの希望を織り込んで、業者が提案をしてくれます。

提案とは全体的な見積もりということで具体的に、(金額的な)見積書・設置図面・光熱費のシュミレーション・メーカーカタログなどを提示してもらうことです。

設置図面は、文字通り太陽光パネルを屋根にどのように配置するかの図面です。明らかに日が当たらない部分に置かれても困りますし、できれば無駄なく並べたいもの。当然といえば当然ですが、この設置図面を提示しない業者がいるといいますから、工事が終わってからビックリということがないためにも最初に提示してもらいます。屋根を実測して専門家が書くものです。

光熱費シュミレーションとメーカーカタログは、どのメーカーのどの製品を使うかで発電効率が変わってきますから重要です。どれだけ発電できるかで使える電力も売れる電力も違うので、設備投資した費用の回収ができるかに関わってきます。とにかく売りたいがために高い発電効率を書いてくる業者もいるので、内容は冷静に確認したいところです。

 

見積書の見方・チェック

金額的な見積書を業者からもらうのは必須ですが、もらった見積書を見てチェックしなくてはいけません。

見積書の内容は機器そのものと工事で成り立っています。機器は屋根に取付けるパネル・架台・パワーコンディショナーなどで、工事は屋根に設置するためのものと、電気系工事です。

「一式」となっている場合はその明細を記入してもらいましょう。設備にしても、基本はパネル・パワーコンディショナーですが、売電メーターや発電量モニターは別売りです。取付け工事も、内容は明確にして追加費用がでないようにすることが肝心です。見積書内に、取付ける屋根の内容が書いてあるかも確認しましょう。販売する会社と工事を施工する会社が違う場合、きちんと把握されているかの確認になります。

 

オール電化と一緒に購入の場合

太陽光発電とオール電化を一緒に購入という場合は、別々に見積もりを取りましょう。せっかく太陽光発電システムが安く上がっても、オール電化設備で価格上乗せでは仕方がありません。