近所にも普及したら大丈夫?

太陽光発電システムがお隣や近所などにたくさん普及しても、大丈夫?

太陽光発電の余剰電力が買電価格より約2倍の価格で売電できます。その差額は電力会社が負担するのでしょうか?いいえ、それは太陽光発電システムを導入しない家庭が「太陽光促進付加金」として負担しています。そんなことなら、太陽光発電を導入してどんどん電力を作って売った方が絶対に得です。

太陽光発電システムが増えすぎたら・・・売電できない?

そこで、例えばあなたの家が太陽光発電を導入したら、近所も次々に導入したとしましょう。未来では、こういった形が理想とされているので、あながち有り得ない話ではありません。各家庭は導入すると、ぜひ売電の恵みに与ろうとせっせと売電します。ところが、いざ売電しようとしたら売電できなくなりました。なぜでしょう?

売電した電気は電力会社めがけて送電されて、そこから分かれて売られると思われていますが、実は現状では同じ変圧器で分岐された近くの家庭に供給されているのです。

ところが、太陽光発電システムが普及しすぎてしまい、その変圧器の範囲内のご近所がみんな太陽光発電システムで売電体制にはいってしまうと供給するところがありません。供給できない電気は売電できないのです。

 

将来の課題として、制度が変わる可能性も

この自然エネルギーに注目される時代に太陽光発電システムは普及していくでしょう。その制度もそれに合わせて変わっていくと思われます。今現時点での売り文句である「発電量-消費量=売電できる」という図式は今のままでは進んでいかないかもしれません。

その都度、合わせて有利に太陽光発電を利用できるようにしていきたいものです。