マンションでも導入できる?

太陽光発電システムはマンションでも導入できるのか

「太陽光発電システムは一戸建てでなければ実現しないの?マンション住まいの人には、太陽の恩恵には与れないのかしら?」

今やマンションも軒並み建ち続けるというのに、それも腑に落ちない話です。しかし、集合住宅という都合上、住人みんなの屋根につけることに反対されてしまったら・・・やはり無理がないでしょうか?

 

太陽光発電対応マンション

 既存のマンションの屋根に太陽光電池を置くとすると、住民全員の賛同が必要になります。その賛同が得られたとしても、太陽光発電の補助金は「個人が自分の家に設置し、世帯単位で売買する」という前提になっています。補助金が得られないと、やはりマンションに置くにしても高価なものになってしまうのです。さらにこの共有に発電されたものは、マンションの共有部分であるエレベーターや電灯のために使われていること多いです。既存マンションでは屋根から個人のところまで配線するのが難しいと言われています。

ではマンションでは絶対に無理かというと、そうではありません。最初から太陽光発電を導入すると決めて建てられたものは、屋根の形も、配線するところも用意されています。これを「太陽光発電対応マンション」といいます。マンションの屋根に個人単位でパネルを持ち、自分の部屋に電気を引くことができます。こういった場合には、個人で設置・世帯単位で売買ということに当てはまったとみなされ、補助金等の対象となります。

 

既存マンションでは無理?

既存のマンションでは、やはり無理なのかとガッカリですが、一般家庭用規模でなくても良いなら、補助金が受けられなくてもOKならば、まだ方法はあります。

小型版太陽光発電をベランダに乗せるのです。バッテリーをセットで購入し、蓄電して使用します。一般の屋根に乗せる太陽光発電に比べると全く劣りますが、マンションの物干し竿にパネルをひっかけて使用することもできる設置簡単なものです。バッテリーは重いので、ハンドキャリーに乗せておいて移動するなど工夫します。

これは移動性がよく、太陽の向きに合わせて角度を変えることももちろんですが、蓄電してキャンプ等のアウトドアに使用することも可能です。また、災害時の電源にもなります。

マンションのベランダの外に吊るして効率よく発電したいところですが、景観や安全が懸念されるとマンション管理組合の承諾がえられなかったり、消防法にふれてしまったりします。設置はコンパクトでも慎重にしたいですね。