まだまだ進化する?太陽光発電システム

開発されていく太陽光発電

製品はどんどん進化しているのか?ちょっと気になるところです。性能は良いに越したことがありません。

例えばパネルはシリコン系が現在主流ですが、銅・インジウム・セレンを用いた化合物系のCIS太陽電池というのが普及しつつあります。ソーラーフロンティア(他にホンダソルテック)で量産がされ、薄膜太陽電池の中では最も変換効率が良いと言われています。1年間トータルでの実発電量では、シリコン系を8%上回るのですから、これは開発成功というものでしょう。このパネルの特徴は、実発電量の敵である影や曇りに強いという点です。一枚のパネルでも発電が落ちれば実発電量が落ちることを考えると、トータル実発電量がアップすることが頷けます。

 

価格のみで考えると、現在の購入を今後の安さに期待をして買い控えるのは得策とは言い切れません。が、もっと太陽光発電が開発されるのではないかという期待度で、見守りつつ待つのも楽しいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>