停電時に活躍する!?

停電時にきっと活躍!・・・だと思うのですが?

太陽光発電に期待を寄せるところは、電力会社からの電気がストップしている時、つまり停電時に活用できるのではないかというところです。夜は発電できないまでも、昼間の停電時や、もしも計画停電が行われた時にはきっと活躍するはずです。

東日本大震災での太陽光発電システムは?

そこで、東日本大震災や計画停電の折は実際どうだったのでしょうか?ここは期待がもてると思いきや、意外にも活用されていませんでした。停電時に使用することを自立運転と言います。当時までそれほどの災害がなかったということもあり、自立運転モードというものに切り替えて発電するということが知られていませんでした。また、自立運転によって発電され使える電気が1.5kw(AC100V)と少ないことも原因でした。

自立運転機能の周知が必要

そこでメーカーは、自立運転機能を周知してもらえるようサイトなどで使い方を呼びかけています。運転モードを切り替えるだけでなく、この電気を使うには普通のコンセントは使えませんから、パワーコンディショナー本体や屋内壁面に取付けた「自立運転専用コンセント」から電気を取りテレビやインターネット・携帯電話の充電に使うのです。

また、停電時に自動的に自立運転に切り替わるわけではないので、自分で切り替える手順を知っておく必要があります。避難訓練同様、練習をしておくと良いですね。

これだけ知っておけば、非常用電源として今度こそ活躍することでしょう。電力を節電に使ったり売ったりする他にも、ちゃんとメリットがあるのです。