メーカーで違う保証体制

メーカーごとに違う太陽光発電システムの保証体制

 

「太陽光発電システムを導入したら2年で故障が!」

なんてことがあったらたまりません。高価なシステムを導入したのに、電気釜などと同じ保証期間1年だったら大変です。

10年~30年にもわたって家庭の発電を担う設備、保証体制は万全でいたいところです。

 

メーカー保証体制-設備部品によって違う年数

では、何年の保証がされるのでしょうか。これは製品によって耐久性も違いますし、作るメーカーによって保証年数設定が違うものです。大体のところ10年か20年が一般的です。

ここで注意したいのは、10~20年といわれる保証年数が太陽光発電システムの全ての設備に該当するわけではないということです。つまり、モジュールやパワーコンディショナーなどは10年保証ですが、発電モニターは保障期間1年になります。

 

保証体制-自然災害や設置工事が原因の不具合

保証体制の一つとして、自然災害への対応はどうでしょうか。ほとんどのメーカーは別途に動産保険や、メーカー独自の保険を販売施工店が掛けた場合に有効になります。つまり、基本はメーカー保証に含まれないということです。

メーカーの中で、京セラとサンテックパワージャパン、ソーラーフロンティア、ホンダソルテックは、火事(地震によるものを除く)・台風・落雷・洪水により損傷を受けた場合の保証をしています。他のメーカーで購入の場合は、そういった自然災害を想定した保険に加入して見舞金などでのカバーであったり、一回のみいくらという保証になります。

次に設置工事が原因の不具合の場合。メーカー保証の中では、ほとんどが販売施工店が工事賠償保険を掛けるという対応です。この中には工事による雨漏りも含まれます。ただしメーカーの中では、京セラが、設置工事が原因の不具合(雨漏りを除く)を保証しています。

つまり、その他のメーカーに関しては販売施工店が工事賠償保険に加入しているかを確認する必要があります。

 

保証体制-定期点検

メーカー保証の中には、定期点検も入っています。ソーラーフロンティア・東芝は「1年5年9年次」を保証に入れています。京セラは「1年4年8年次」を保証に入れています。定期点検を有料で行う場合は2~3万かかるので、ここは要チェックです。

 

太陽光発電システムの保証体制はメーカーごと・内容ごとに違うので、あらかじめ確認が必要です。足りない保証は保険を自分でかけることも必要になってきます。